機能・活用例
[取り込む]

社内でも、外出先でも。
どこでもかんたんに、スピーディーかつ正確に名刺を取り込めます。

名刺取り込み

スキャナー、スマホ、複合機から取り込み可能

名刺取り込み

名刺をスキャナーで取り込む。名刺データ化の手間は、たったこれだけです。
外出先ではiPhone/iPad、Androidスマートフォンからの取り込みもできるので、移動時間も有効活用していただけます。
取り込み後の文字補正については、ゼロモードとフルモードを状況にあわせて使い分けていただけます。
※ 推奨スキャナーはこちら

関連する導入事例ゼロモード・フルモードの使い分けができる柔軟性が導入の決め手

フルモード

取り込むだけ!外部オペレーターによる精度99%の文字補正

フルモード

取り込んだ名刺データは、国内のオペレーターによって正確かつ迅速に文字補正され、入力、修正の手間を減らしていただけます。
1枚の名刺データは項目ごとに分割され、それぞれ別々のオペレーターが分担して入力するため、個人情報漏えいリスクもありません。

関連するコラムアルテマブルーの文字補正入力はセキュリティ対策も万全

ゼロモード

自分で修正すれば費用はゼロ!コスト削減にも効果

ゼロモード

OCR処理されて取り込まれた名刺データは、オペレーターを介することなく、お客様自身で入力、修正することができます。
ゼロモードなら名刺1枚あたりの文字補正費用がゼロになるため、フルモードと柔軟に使い分け、コストを抑えていただくことができます。

「取り込む」機能の活用シーン・事例をご紹介