機能・活用例
[連携する]

既存システムともシームレスに連携し、
さらなる業務効率化を目指しましょう。

Microsoft Dynamics 365 (CRM)連携

設定した連携ルールに従ってご利用中の各種エンティティに対して名刺情報の追加・削除・更新を行います。
ルール化と自動化により顧客情報の登録、メンテナンスが容易になることで、運用者の作業を大幅に削減することが可能です。

Salesforce連携

Salesforce上にカスタムオブジェクトとしてご提供するので、お客様のご利用のオブジェクトと目的に合わせた関連づけ、連携が可能となります。
既にSalesforceをご利用のお客様、新規のお客様ともに柔軟に名刺情報を活用していただけます。

kintone連携

kintoneのアプリ「アルテマブルー for kintone 連携オプション」にデジタル化した名刺情報を展開する形で、kintoneプラットフォーム上の別アプリから名刺情報が活用できます。
Kintoneアプリストアでの紹介はこちら >

関連する導入事例kintoneとの連携でスムーズな営業活動を可能に!

「連携する」機能の活用シーン・事例をご紹介